コラム

【就活体験談】21卒の僕が落ちた企業を晒してく

落ちた企業一覧

今回は、21卒として就活を終えた横山さん(仮)に就活体験記事を執筆していただきました。

こんにちは。21卒で就活をしていた横山(仮)です。

21卒はコロナがあって色々と大変でしたが、無事内定をもらって就活を終わらすことができたので、僕が落ちた企業を淡々と書いていきます。

おそらく普通の人は、2〜3個の業界に絞って20〜30社ほど受けるという感じだと思いますが、僕の場合は、メーカー、金融、不動産、ITなど、いろんな業界を見て50社ほど受けてました。

まさに、数撃ちゃ当たる作戦です。

自動車関連

・トヨタ自動車

リク面落ち。トヨタの選考はリク面(4〜6回)→面接の流れで、面接に進めば内定の可能性はかなり高いらしい。

リク面の評価がかなり重要なので、毎回リク面後にはお礼メールを送ったり、フィードバックを貰ったりしていた。そんなこんなで4回ぐらいリク面を重ねたが、面接には呼ばれず。

・本田技研工業

1次面接落ち。ジョブマッチングという名前の面接がある。ジョブマッチングでは入社後にどんなことがやりたいのか具体的に聞かれるので、業務内容やキャリアステップについて把握しておく必要がある。

・ブリヂストン

最終面接落ち。最終面接の前半は良いスタートを切れたが、徐々に質問の内容が難しくなっていく。「ブリヂストンは現在、総合的なソリューションビジネスを展開しているが、〇〇さんならどのようなビジネスを展開しますか?」みたいな質問が来て撃沈。最終面接でもけっこう落とされるらしい。

・豊田自動織機

リク面落ち。トヨタ系はリクルーター面談が流行ってるらしい。何回リク面があるのか分からないけど、僕の場合は3回目を終えて連絡が途絶えた。逆質問が中心なので、事前に10個くらい質問を準備しておこう。

飲食

・味の素

書類選考落ち。「新しく社名を変更するならどんな社名にしますか?」というESの設問が印象的だった。さすが、人気の企業ということもあり、書類選考であっけなく散る。

・サントリー

書類選考落ち。サントリーのESは決まった型がなく、用意された紙に自由にガクチカなどを記入していく。

手書きにするかパソコンで打ち込むか迷ったが、効率性を考えてパソコンで打ち込んだものを提出した。それが理由かは分からないが、落ちた。

エネルギー・鉄

・東京ガス

書類選考落ち。1dayインターンに参加したので書類は受かるだろうと思ってたら、落とされた。締め切りにも余裕を持って出していたのに。シンプルに落とされて落ち込む。

・JXTGエネルギー(ENEOS)

3次面接落ち。役職は聞きそびれたが、3次面接では、おそらく部長クラスの方が担当してくれる。そのため、質問の内容も鋭い。一番困ったのは「あなたをモノに例えて、私に売り込んでください」という質問。10秒ほど考え込んだが、良い答えは出せず落とされる。

・出光興産

1次面接落ち。性格検査には「GROW360」という検査が導入されていた。この検査は、自分以外の5人に他己分析をしてもらう必要があるので、少々めんどくさい。なんとか手伝ってくれる人を見つけて書類を突破したが、1次面接で落とされる。

・国際石油開発帝石

名前のカッコよさに惹かれてエントリーしたものの、書類選考でサイレント落ち。書類選考では、ESと英語付きのSPIがある。

・日本製鉄

選考フローがよく分からなったが、おそらく2次面接(?)を辞退。

2〜3回くらいリク面(社員懇談会)を行ったあと、1次面接と思われる面談に招待される。最後のリク面から1ヶ月間くらい音沙汰なかったので、正直落ちていたと思い、そこまでやる気が出なかったため辞退。

・JFEスチール

書類落ち。あくまで個人の感想だが、社員交流会へ参加しなければ内定は難しそう。複数回参加できるらしいが、1回も参加しなかったら、書類で落とされてた。

金融

・日本生命

リク面落ち。日本生命はリクルーター面談がめちゃくちゃ多い。人によっては6〜7回行うケースもあるらしい。

自分の場合は3回目でアウト。リクルーターに「次はまた違う人から連絡くると思うから」と言われたが、その日を境に連絡が途絶える。

・明治安田生命

書類選考落ち。インターシップ参加者には優遇があるという話を聞いていたので、3daysのインターンに参加。インターン中は評価されている感じもなかったので、ほぼ全員が優遇ルートに乗ることができると思う。しかし、先輩のESをほぼ丸パクリした結果、書類で落とされる。

・東京海上日動

1次面接落ち。能力検査は、ヒューマネージ社のテスト。とにかく問題量が多いので、スピード感が重要。

1次面接は幼少期のことについてかなり深掘りされるので、入念な自己分析をする必要がある。当日に思い出しただけでは答えられません。

・三井住友海上

1次面接落ち。みん就に「面接官は穏やかで優しい人ばかりでした」と書かれていたので、それを真に受けて面接に臨む。しかし、僕があたった面接官はやや高圧的で笑顔がない。面接中に落ちることを確信した。

・オリックス

2次面接落ち。インターンの時にクレペリン検査を受けさせられた。後々OBに話を聞くと、オリックスではその結果をけっこう重視しているらしい。なんとか書類は受かったが、2次面接で落ちる。

・大和証券

1次面接辞退。

化学メーカー

・積水化学工業

最終面接落ち。住宅・環境ライフライン・高機能プラスチックの3つのカンパニー制で構成されており、それぞれ選考は異なる。最終面接で出てきた役員クラスの方のプレッシャーに耐え切れず、撃沈する。

・住友化学

1次面接辞退。住友グループかつ化学メーカーだったので、なんとなくホワイトそうだなという理由でエントリー。

・AGC

1次面接辞退。面接前に自己PRシートなるものを書かされる。辞退したのでよく分からないが、おそらく1次面接で使用するのだろう。

・三井化学

1次面接辞退。ES、動画ES、適性検査など、書類選考のステップが多かった。書類選考に通過すると、少人数座談会に招待されるから行っておいた方が良いよ。

・旭化成

サイレントお祈り。ESには変な設問がありました。(「10個くらいの言葉の中から好きな言葉を5つ選んで、自由に文章を作れ」というもの)

商社

・伊藤忠丸紅鉄鋼

1次面接辞退。4〜5人に1人は海外に駐在しているらしい。年収高くて魅力的だったけど、その前に他社から内定もらえたので辞退した。

web説明会からでも伝わるゴリゴリ社風が合わなかったことも辞退理由。

・兼松

書類選考落ち。敗因はES締め切りの30分前に出したことだと思う。

・メタルワン

兼松と同じで書類落ち。しかもメタルワンもES締め切り直前に出した。やっぱり直前で出すとマイナス評価なのか。それとも商社のボーダーラインが高いのか?

・長瀬産業

1次面接辞退。インターンにも参加したが、社風が合わなそうだったので、辞退した。

IT関連

・NTTデータ

1次選考辞退。ビズリーチキャンパスでのOB訪問を推奨されるので、志望度が高い人は早めに行った方が良さそう。

・野村総研

書類選考落ち。テストセンターを受けたかったので、とりあえずエントリーしたが、しっかり落とされる。

・NTTコムウェア

1次面接落ち。1次面接なので基本的なことしか聞かれないだろうと思っていたが、「弊社のシステムを使ってどんな企業にどんなソリューションを提供したいですか?」という鋭い質問をされ、萎える。

・NTTドコモ

書類選考落ち。インターン選考にも落ちたので、ボーダーは高めだと推測される。

・KDDI

1次面接落ち。KDDIは選考時期が早くて1次募集に気づかず、2次募集で出した。書類は通過して1次面接もしっかり受け答えできたと思ったが、落ちてしまった。2次募集以降は倍率が高くなるので、できるだけ1次募集でエントリーしよう。

・NTT東日本

書類選考落ち。

・日立製作所

書類選考落ち。本選考前に模擬面談(実質選考な気もする)を2回やった。面談後のフィードバックは高評価だったが、本選考には呼ばれず。おそらく敗因は、ESとは別のキャリアデザインシート?を締め切りギリギリに提出したためだと思われる。

広告

・電通

書類選考落ち。「あなたが社会に対して持つ違和感について教えてください」という独特の設問があった。

・博報堂

1次面接落ち。1次面接にも関わらず、変化球的な質問が多い。「自分が専攻している学問を小学生にもわかるように説明して」「これだけは譲れないものは何?」など。

不動産

・野村不動産

2次面接落ち。書類選考の結果前に、「社員個別訪問」というOB訪問のようなものに任意で参加できる。逆質問だけでなく、野村不動産に興味を持った理由や、興味のある事業などついて聞かれるので、要注意。

・東京建物

2次面接落ち。「最近気になったニュースを1つあげて、それに対する批評や意見を述べてください。」という質問をされた。普段からあまりニュースを見ない僕にとっては難易度S級の質問でした。

・三井不動産

1次面接落ち。1次面接は個人面接だが、時間が40分くらいと長め。ESに書いてあることを延々と深掘りされる。

・三菱地所

書類選考落ち。

・東急不動産

書類選考落ち。ESがめんどくさかった記憶がある。

以上、僕が(覚えている範囲で)落とされた企業一覧です。改めて見ると、ほんとに業界バラバラですね。

でも、新卒の時はいろんな企業受けた方が良いと思いますよ。こんなにゆっくり色んな会社を見れるのは新卒のタイミングだけですから。

他にも記事書いていくつもりなので、良かったら見ていってください〜

登録するだけでオファーが届くOfferBox

オファーボックス就活生なら絶対に登録しておきたいのがOfferBoxという逆求人サイトです。逆求人とは、企業側が学生にアプローチを仕掛けるという新たな採用形態で、現在7000以上の企業がOfferBoxを通じた採用活動を行っています。

オファーが届けば、選考スキップや特別選考への招待など数多くのメリットが得られるため、ぜひ活用しましょう。

【OfferBoxの主な参加企業】
東京海上日動、JCB、三井住友信託銀行、東京ガス、ヤマハ、ニトリ、クラレ、三菱マテリアル、富士フイルム、ライオン、ロッテ、キリン、森永乳業、豊田自動織機、日産自動車、クボタ、オムロン、楽天、サイバーエージェント、積水化学工業、など