就職難易度

味の素AGFの就職難易度や学歴フィルターは?採用大学や採用人数も公開

味の素AGFのロゴ

1味の素AGFとは

味の素AGFのロゴ出典:味の素AGFの公式HP

味の素AGFとは、コーヒーを中心とした嗜好品飲料を展開する味の素の完全子会社です。1973年、味の素とゼネラルフーヅ社(アメリカ)の合弁会社として設立されました。

インスタント、レギュラー、リッキドを網羅するフルラインメーカーとして、「ブレンディ®︎」や「ちょっと贅沢な珈琲店®︎」など数々の人気コーヒーブランドを展開しています。

また最近では、消費者のライフスタイルや嗜好が変化していることを受け、スティックタイプの商品にも力を入れています。

2味の素AGFの就職難易度

就活会議のデータによると、味の素AGFの就職(選考)難易度は「4.5/5.0」でした。

人気企業である味の素の子会社なだけあって、就職難易度は高いです。また、選考倍率も非常に高く、*就職四季報に公表されている直近の倍率は事務系総合職で180倍、技術系総合職で102倍です。

*参考:就職四季報 2019年度版

企業名 就職難易度
味の素AGF 4.5
ヤクルト本社 4.3
アサヒ飲料 4.4
コカコーラボトラーズジャパン 3.7
サントリー(SBF) 4.7
伊藤園 3.7

参考:就活会議

3味の素AGFの採用大学・学歴

(1)採用大学実績

過去3年間の採用データによると、味の素AGFの採用大学実績は以下の通りです。

<大学>
早稲田大学、青山学院大学、明治大学、立教大学、中央大学、法政大学、日本大学、学習院大学、東京海洋大学、同志社大学、関西学院大学、関西大学、立命館大学、西南学院大学、奈良県立大学、大阪市立大学、津田塾大学、お茶の水女子大学、東京家政大学、東京女子大学、日本女子大学、武庫川女子大学、鳥取大学、高知大学

<大学院>
東北大学、名古屋大学、京都大学、大阪大学、九州大学、筑波大学、千葉大学、岡山大学、広島大学、香川大学、三重大学、岐阜大学、徳島大学、大阪市立大学、大阪府立大学、早稲田大学、上智大学、東京理科大学、日本大学、関西大学、東京農工大学、東京海洋大学

(2)内定者の大学群別の割合

次はより具体的な採用大学実績を見ていきましょう。
就職四季報に掲載されている味の素AGFの採用データをもとに、内定者の出身大学と採用人数をまとめました。

2021年度内定者の出身大学(大学・人数)

【大学】
関西学院大学2、早稲田大学1、慶應義塾大学1、上智大学1、明治大学1、立教大学1、法政大学1、東京学芸大学1、同志社大学1、近畿大学1、鳥取大学1

【大学院】
東京工業大学1、東京農業大学1、大阪大学1、千葉大学1

※参考:就職四季報 2022年版

2020年度内定者の出身大学(大学・人数)

【大学】
同志社大学2、早稲田大学1、中央大学1、日本大学1、法政大学1、関西大学1、西南学院大学1、お茶の水女子大学1、東京家政大学1、東京女子大学1、日本女子大学1、武庫川大学1、鳥取大学1

【大学院】
岡山大学1、広島大学1、東京理科大学1、関西大学1、東京海洋大学1、東京農工大学1、名古屋大学1、京都大学1

※参考:就職四季報 2021年版

2019年度内定者の出身大学(大学・人数)

【大学】
明治大学4、関西学院大学3、学習院大学2、青山学院大学2、奈良県立大学1、中央大学1、同志社大学1、立命館大学1

【大学院】
名古屋大学2、東京海洋大学2、京都大学1、九州大学1、岐阜大学1、大阪大学1、大阪市立大学1、筑波大学1、徳島大学1、日本大学1

※参考:就職四季報 2020年版

2018年度内定者の出身大学(大学・人数)

【大学】
中央大学2、学習院大学2、同志社大学2、立命館大学2、大阪市立大学1、高知大学1、鳥取大学1、津田塾大学1、早稲田大学1、青山学院大学1、明治大学1、立教大学1

【大学院】
京都大学1、東北大学1、九州大学1、千葉大学1、東京農工大学1、東京海洋大学1、大阪府立大学1、香川大学1、三重大学1、早稲田大学1、上智大学1、東京理科大学1

※参考:就職四季報 2019年版

味の素AGFの採用大学
※難関国立大・・・旧帝大、一橋大学、東工大、神戸大
※準難関国立大・・・新潟大、金沢大、千葉大、筑波大、岡山大、広島大、熊本大、都立大、大阪市大、横浜国立大
上のグラフを見ても分かるように、味の素AGF内定者のボリューム層はMARCH・関関同立です。また、過去の採用実績を見ると、日東駒専・産近甲龍が学歴フィルターのボーダーラインだと推測されます。

より詳しい情報は「就職 四季報」に記載されています。5000社もの情報が網羅されており、就活生には必須の1冊なので、持っていない人は即購入をオススメします。

4味の素AGFの採用人数

2021年卒の味の素AGFの採用人数は16人です。年々採用人数は減少傾向にあり、その分倍率も上がっていると考えられます。

男女別

年度 男女別(男性・女性)
2021年 16人(7・9)
2020年 22人(11・11)
2019年 27人(13・14)
2018年 28人(14・14)

専攻別

年度 専攻別(文系・理系)
2021年 16人(11・5)
2020年 22人(13・9)
2019年 27人(14・13)
2018年 28人(14・14)

大卒・修士別

年度 大卒修士別(大卒・修士)
2021年 16人(12・4)
2020年 22人(14・8)
2019年 27人(15・12)
2018年 28人(16・12)

【2021年の内定者数(大卒・修士) 比較】
味の素AGF 16人
アサヒ飲料 45人
コカコーラボトラーズジャパン 120人
伊藤園 200人
ヤクルト本社 46人

※伊藤園は2020年の実績

5味の素AGFの選考フロー

エントリーシート→説明会(必須)・WEBテスト(GAB)→1次面接→2次面接→3次面接→最終面接→内定

味の素AGFのES通過率は非常に低く、20〜30%しかありません。(2019年卒のES通過率は、事務系で22%、技術系で29%。)

ESから差別化を図っていかないと内定は難しいです。特に、味の素AGFはコーヒーを中心に扱っているため、「なぜ他の食品・飲料ではなくて、コーヒーなのか」を明記する必要があります。他の食品・飲料メーカーでも使い回せそうな志望動機(食で人を笑顔にさせたいなど)では、周囲に埋もれてしまうでしょう。

また、ES通過後には説明会が開催されるのですが、面接では「説明会の感想」や「説明会で印象に残ったこと」を聞かれたケースが実際にあったため、しっかりと説明を聞いてメモなどを取るようにしましょう。

6【味の素AGF 就職難易度】まとめ

味の素AGFの就職難易度や学歴について紹介しました。ぜひ就職活動や転職活動の参考にしてみてください。

  • コーヒーを中心とした嗜好品飲料を展開する味の素の完全子会社
  • インスタント、レギュラー、リッキドを網羅するコーヒーのフルラインメーカー
  • 就職難易度は4.5/5.0と高め。(※就活会議調べ)
  • 内定者の学歴はMARCH・関関同立が多い。
  • 日東駒専未満の大学は学歴フィルターに引っかかる可能性アリ。
  • ES通過率が低いため差別化を図ることが重要。
  • 直近の採用人数は16人と少なめ。
アサヒ飲料のロゴ
アサヒ飲料の就職難易度や学歴フィルターは?採用大学や採用数1アサヒ飲料とは 出典:アサヒ飲料の公式HP アサヒ飲料は、アサヒグループホールディングスを親会社とする、国内大手の飲料メーカです。...
サントリーHDの就職難易度や学歴フィルターは?採用大学や採用人数を調査1サントリーとは 出典:サントリーの公式サイト サントリーホールディングス(以下 サントリー)は、酒類・飲料・食品など幅広い事業をバ...
登録するだけでオファーが届くOfferBox

オファーボックス就活生なら絶対に登録しておきたいのがOfferBoxという逆求人サイトです。逆求人とは、企業側が学生にアプローチを仕掛けるという新たな採用形態で、現在7000以上の企業がOfferBoxを通じた採用活動を行っています。

オファーが届けば、選考スキップや特別選考への招待など数多くのメリットが得られるため、ぜひ活用しましょう。

【OfferBoxの主な参加企業】
東京海上日動、JCB、三井住友信託銀行、東京ガス、ヤマハ、ニトリ、クラレ、三菱マテリアル、富士フイルム、ライオン、ロッテ、キリン、森永乳業、豊田自動織機、日産自動車、クボタ、オムロン、楽天、サイバーエージェント、積水化学工業、など