おすすめサイト

キミスカの評判は?逆求人サイトを使って大手からスカウトが来た話

キミスカの評判
就活めんどくせぇ。どっかの企業が俺という原石を見つけ出してくれねぇかなぁ。
それなら逆求人サイトの『キミスカ』がオススメよ!

この記事では、「キミスカ」という逆求人サイトの評判についてまとめています。

実際に私が学生時代にキミスカを使ってスカウトを貰った企業も紹介しているので、ぜひ参考にしてください。



1キミスカとは

キミスカとは、株式会社グローアップが運営する国内最大級の逆求人サイトです。

普通の就活とは違って、企業側から学生にアプローチするため、効率的に就活を進めることができます

キミスカ 内定

また、キミスカは他の逆求人サイトと比べてもスカウト数が非常に多いため、「登録したのに全然スカウトが来ない!」ということもありません。

スカウトを通じて早期選考や特別選考ルートに乗れることもあるので、就活生なら利用すべきサービスです。

2実際にスカウトがきた企業一覧

さっそく、私がキミスカを使っていた時に、スカウトをくれた企業の一部を紹介します。

【スカウトをくれた企業】

・東急コミュニティー
・日本マクドナルド
・ニトリ
・オープンハウス
・大塚商会
・日鉄ソリューションズ
・レバレジーズ
・一条工務店
・三菱自動車
・UTグループ
・サイゼリア
・TDモバイル
・ビックモーター
・ラウンドワン
・オルビス
・旭化成アミダス
・KDDIエボルバ

本当は、もっとスカウトが来てたんですけど全部まとめると大変なことになるので、有名・大手企業をピックアップしてみました。

中には幹部候補生としてスカウトをくれた企業もあって、初年度から年収600万〜という高待遇なものでした。

私には縁がなかったんですが、他にも「NTTデータ」「毎日新聞」「KIRIN」「ポーラ」など倍率高めの人気企業からもスカウトが来るみたいです。

3キミスカの特徴

スカウトの本気度がわかる

キミスカでは、「プラチナスカウト」「本気スカウト」「気になるスカウト」の3つにスカウトの種類が分けられています。「プラチナスカウト」が最も企業の関心が高く、月に30件しか送ることができません。

【企業が学生に送れるスカウトの種類】
・プラチナスカウト 30件まで/月
・本気スカウト 100件まで/月
・気になるスカウト 上限なし/月

月に30件ということは、平均で1日1件しか送ることができないので、いかに重要なスカウトかが分かりますね。

プラチナスカウトをもらえれば、早期選考や選考ステップの一部除外など、優遇される可能性はかなり高いので、内定にもグッと近づくことができます。

実際に私もプラチナスカウトをもらって、いきなり役員面接とかありました。

スカウトミー機能

キミスカでは、「スカウトミー」という機能を使って、自分から企業にアプローチすることが可能です

キミスカのマイページには、1日3社の企業が「あなたへのオススメ企業」として表示されます。そして、その中に気になる企業があったら「私にスカウトを送って!」という意思を伝えることができるのです。

他の逆求人サイトは基本受け身なので、こうして自ら企業にアプローチできるのはキミスカの特徴的な点ですね。

ちなみに、オススメとして表示される企業は、学生が登録しているプロフィールをもとに選出されているそうです。

適性検査が本格的

多くのスカウトサイトでは適性検査を無料で受けられるのですが、その中でもキミスカの適性検査は「正確かつ詳細な結果が得られる」として評判が良いです。

そのため、質問数は150問と多いですが、自己分析の代わりにもなります。

自己分析が進まない人、どうやったらいいか分からない人は、まずはキミスカの適性検査を受けてみると良いでしょう。以下の9つの観点から、あなたを分析してくれます。

1性格の傾向
2意欲の傾向
3思考力の傾向
4ストレス耐性
5価値観の傾向
6ネガティブの傾向
7職務適正
8(ビジネス)戦闘力
9虚偽回答の傾向

また、適性検査の結果は企業側に公開され、その結果をもとにスカウトが送られてくるので、しっかりと受験しましょう。

キミスカLIVE!

キミスカLIVE!とは、キミスカが運営するマッチングイベントです。

普通の合同説明会とは違って、その日に選考まで行われるのが特徴的です。

また、参加企業、学生ともに少数での開催となるので、企業の人に顔を覚えてもらえる可能性はかなり高いでしょう。

しかし、参加している企業はベンチャーが多いため、大手志向の人は向いていないかもしれません。

逆に、「少数精鋭の会社で成長したい!」「就活の視野を広めたい!」という人にはオススメです

就活コンサルタントが多数在籍

キミスカには就活コンサルタントが多数在籍しており、キミスカに登録している学生なら、誰でも無料で相談に乗ることができます。

「ES添削のお願い」や「模擬面接のフィードバック」など、友達同士では相談しづらいことも聞けちゃいます。

また、キミスカの事務局に行かなくても、メールやSkype等でもOKなので、時間がない人でも気軽に相談できます。

4キミスカメリット

未知なる企業に出会える

キミスカはスカウトの数が多いため、自分が知らなかった企業にたくさん出会えます。

無名の企業なんて行きたくねぇ

そんな風に思っている人もいるかもしれませんが、日本には知名度の低い優良企業がたくさんあります。

知らない企業でも、調べてみると「平均年収700万の成長企業だった」なんてこともあるので、スカウトは入念にチェックしましょう。

ESやテストをカットできる

一般的な選考フローは、ES→筆記試験→面接→内定という流れで進んでいきますが、ESの作成やWebテストってかなりメンドくさいですよね。

書類すら通るか分からない企業に何時間も費やすと考えると萎えます。

一方で、キミスカでスカウトを貰えば、ES・Webテスト免除してくれることが多いため、めんどくさいプロセスが一気に無くなります

キミスカを有効活用すれば、かなりの時間節約になるでしょう。

持ち駒を確保できる

選考が進んでいくと、当然落とされることもあり、その度に企業の持ち駒が減っていきます。

持ち駒が減ると、気持ち的に不安定になって、面接もいつもより緊張してしまう、ということがあります。

しかし、キミスカに登録していれば、次々とスカウトが届くため、そんな心配はいらないでしょう。

キミスカは就活中の精神安定剤にもなります。

5キミスカのデメリット

大手からのスカウトは少ない

大手企業からスカウトを貰えることもありますが、割合としては低いです。

キミスカは良くも悪くもスカウトの数が多いので、興味の無い企業や知らない企業からもドンドン来ます。

大手からのスカウトが欲しいなら、OfferBoxにも登録してみると良いでしょう。キミスカよりもスカウトの総数は少ないですが、大手からスカウトをもらえる確率は高いです。

メールが多い

キミスカはスカウトの数が多いだけに、メールや通知の数も多くなります。

興味のない企業や職種のスカウトメールが頻繁に送られてくると、少し鬱陶しいと感じる人もいるでしょう。

また、就活中は他にも色々なところからメールが来るので、管理が大変になってしまいます。

6キミスカの評判

実際にキミスカを使った人の口コミや評判をまとめてみました。

良い評判

キミスカの良い評判として多かったのが、就活の視野やチャンスが広がるという意見です。

わざわざ自分からアプローチせずとも、企業側からメッセージを送ってくれるので、様々な企業に出会える機会は格段に多くなります。

悪い評判

悪い評判で多かったのが、中小企業や興味のない企業からばかりスカウトが来るという意見です。

もちろん大手からのスカウトもありますが、OfferBoxなど他の逆求人サイトと比べると少ない印象です。

7他のスカウトサイトとの比較

他のスカウトサイトと比較すると、下の表のようになります。

大手 中小・ベンチャー スカウト数 オススメ層
OfferBox 全学生
キミスカ 全学生
iroots 全学生
JOBRASS新卒 全学生
dodaキャンパス 全学生
ビズリーチ・キャンパス 高学歴
wantedly ベンチャー志望
labbase 理系学生

やはりスカウト数の多さがキミスカの特徴になりますね。

他のスカウトサイトについて詳しく知りたいという方は、こちらの記事を参考にしてみてください。

おすすめの逆求人サイト
【最新版比較】おすすめの逆求人サイト・スカウトサイト8選時間がない人、詳細とかどうでも良いからオススメの逆求人サイトを知りたい人は、こちらを参考にしてください(クリックすると登録画面に飛びます...

8キミスカの評判まとめ

キミスカは就活サービスの中でも人気で、就活生なら登録すべきでしょう。

「気になっていた企業からスカウトをもらって、そのまま内定した」という例もあるので、チャンスは確実に広がります。

また、逆求人としての機能だけでなく、自己分析や就活相談にも乗れるので、心強い味方になってくれることは間違いないです。

↓↓キミスカの登録はこちらからできます!↓↓



登録するだけでオファーが届くOfferBox

オファーボックス就活生なら絶対に登録しておきたいのがOfferBoxという逆求人サイトです。逆求人とは、企業側が学生にアプローチを仕掛けるという新たな採用形態で、現在9000以上の企業がOfferBoxを通じた採用活動を行っています。

オファーが届くと、選考スキップや特別セミナー、インターンシップへの招待など数多くのメリットが得られるため、ぜひ活用しましょう。

【OfferBoxの主な参加企業】
東京海上日動、JCB、三井住友信託銀行、東京ガス、ヤマハ、ニトリ、クラレ、三菱マテリアル、富士フイルム、ライオン、ロッテ、キリン、森永乳業、豊田自動織機、日産自動車、クボタ、オムロン、楽天、サイバーエージェント、積水化学工業、資生堂、朝日新聞、ロート製薬、マイクロソフト、双日など