就職難易度

J-オイルミルズの就職難易度や学歴は?採用大学や採用人数も公開

Jオイルミルズの就職難易度

1J-オイルミルズとは

J-オイルミルズは、東京都中央区に本社を構える日本の大手製油会社です。

2002年にホーネン、味の素製油の2社が経営統合して「(株)豊年味の素製油」が設立。その翌年2003年に吉原製油が統合に加わり、「(株)J-オイルミルズ」へと社名変更されました。

業務用油脂の国内市場では約40%のシェアを占めており、長期保存が可能な「長調得徳」やプロ仕様の「J-OIL PRO」など様々な商品を有しています。

また、近年では中国・インドなどアジアを中心に海外事業に力を入れ始めています。

2J-オイルミルズの就職難易度

就活会議のデータによると、J-オイルミルズの就職(選考)難易度は「4.3/5.0」でした。

大手の製菓系や飲料系と比べると就職難易度はやや下がりますが、選考倍率はかなり高いです。2021年卒の選考倍率は、事務系で225倍、技術系で127倍でした。(参考:就職四季報)

企業名 就職難易度
J-オイルミルズ 4.3
日清オイリオ 4.4
不二製油 4.2
昭和産業 4.1

*就活会議 参照

3J-オイルミルズの採用大学・学歴

(1)採用大学実績

マイナビのデータによると、J-オイルミルズの採用大学実績は以下の通りです。

<大学院>
東京大学、京都大学、大阪大学、北海道大学、九州大学、東北大学、名古屋大学、神戸大学、山形大学、福井大学、群馬大学、宇都宮大学、新潟大学、金沢大学、千葉大学、横浜国立大学、静岡大学、香川大学、岡山大学、広島大学、京都府立大学、大阪府立大学、長岡技術科学大学、お茶の水女子大学、早稲田大学、筑波大学、中央大学、東京海洋大学、東京工業大学、東京理科大学、奈良女子大学、奈良先端科学技術大学院大学、北陸先端科学技術大学院大学、明治大学、立命館大学、埼玉大学、大阪市立大学
<大学>
大阪大学、神戸大学、東北大学、名古屋大学、山形大学、静岡大学、広島大学、岡山大学、鳥取大学、香川大学、徳島大学、宇都宮大学、首都大学東京、東京海洋大学、横浜市立大学、東京農工大学、早稲田大学、慶應義塾大学、上智大学、青山学院大学、明治大学、中央大学、法政大学、立教大学、日本大学、成蹊大学、専修大学、東京農業大学、学習院大学、小樽商科大学、同志社大学、関西学院大学、立命館大学、兵庫県立大学、岐阜大学、佐賀大学、芝浦工業大学、東洋大学、明治学院大学、日本女子大学、成城大学

出典:マイナビ

(2)内定者の大学群別の割合

次はより具体的な採用大学実績を見ていきましょう。

就職四季報に掲載されているJ-オイルミルズの採用データをもとに、内定者の出身大学と採用人数をまとめました。

2021年度内定者の出身大学(大学・人数)

【大学】
一橋大学1、東北大学1、大阪市立大学1、宇都宮大学1、東京農業大学1、明治大学1、青山学院大学1、中央大学1、同志社大学1

【大学院】
神戸大学2、京都大学1、九州大学1、広島大学1、千葉大学1、東京都立大学1、大阪府立大学1

※参考:就職四季報 2022年度版

2020年度内定者の出身大学(大学・人数)

【大学】
明治大学3、学習院大学1、青山学院大学1、立教大学1、中央大学1、法政大学1、関西大学1、日本女子大学1、東京農業大学1

【大学院】
早稲田大学2、埼玉大学2、九州大学1、北海道大学1、筑波大学1、大阪市立大学1

※参考:就職四季報 2021年度版

2019年度内定者の出身大学(大学・人数)

【大学】
専修大学2、静岡大学1、東京海洋大学1、立命館大学1、法政大学1、立教大学1、日本大学1、東洋大学1、明治学院大学1

【大学院】
京都大学1、早稲田大学1、神戸大学1、東京理科大学1、大阪府立大学1

※参考:就職四季報 2020年度版

2018年度内定者の出身大学(大学・人数)

【大学】
明治大学4、中央大学2、関西大学1、関西学院大学1、法政大学1、専修大学1

【大学院】
大阪大学2、金沢大学2、宇都宮大学1、九州大学1、東京海洋大学1、東北大学1、関西学院大学1

※参考:就職四季報 2019年度版

J-オイルミルズの採用大学※難関国立大・・・旧帝大、一橋大、東工大、神戸大
※準難関国立大・・・新潟大、金沢大、千葉大、筑波大、岡山大、広島大、熊本大、都立大、大阪市大、横浜国立大

J-オイルミルズ内定者の出身大学はMARCHが最も多く、約27%を占めています。特に明治大学が多く、ここ4年間で8名採用されており、大学別の採用人数ではトップに立っています。

また、内定者の学歴ボーダーラインは日東駒専となっており、ここ未満の大学だと学歴フィルターに引っかかる可能性は高いです。

より詳しい情報は「就職四季報」に記載されています。5000社もの情報が網羅されており、就活生には必須の1冊なので、持っていない方は購入をオススメします。

4J-オイルミルズの採用人数

J-オイルミルズの採用人数はかなり少なく、毎年15〜20人程度です。直近の採用人数は18人です。

男女別

年度 男女別(男性・女性)
2021年 18人(8・10)
2020年 19人(9・10)
2019年 15人(8・7)
2018年 19人(12・7)

専攻別

年度 専攻別(文系・理系)
2021年 18人(7・11)
2020年 19人(9・10)
2019年 15人(10・5)
2018年 19人(8・11)

大卒修士別

年度 大卒修士別(大卒・修士)
2021年 18人(10・8)
2020年 19人(11・8)
2019年 15人(10・5)
2018年 19人(10・9)

【2021年の内定者数(大卒・修士) 比較】
J-オイルミルズ 18人
日清オイリオ 34人
不二製油 21人
昭和産業 38人

5J-オイルミルズの選考フロー

エントリーシート→WEBテスト(玉手箱)→1次面接→2次面接→3次面接→最終面接→内定

冒頭でも触れたように、J-オイルミルズは選考倍率がかなり高いです。そのため、書類選考の時点でかなり足切りされるようで、昨年のWEBテストの通過率は約60%でした。

なお、WEBテストの形式は玉手箱で、「言語」「計数」「英語」の3科目が出題されます。

また、書類選考通過後は計4回の面接が設けられています。1次〜3次面接は1対1の個人面接ですが、最終面接は役員などを含めた3〜5人対1の面接です。

【J-オイルミルズの質問例】
Q.なぜ食品メーカーか?
Q.なぜ油脂メーカーか?
Q.なぜJ-オイルミルズか?
Q.J-オイルミルズにどのようなイメージを持っているか?
Q.選考を受ける中でどのような印象を抱いたか?

6【J-オイルミルズ 就職難易度】まとめ

J-オイルミルズの就職難易度や学歴について紹介しました。ぜひ就職活動や転職活動の参考にしてみてください。

  • 業務用油脂に強みを持つ大手製油会社
  • 中国・インドなどアジア圏での市場拡大を推進
  • 就職難易度は4.3/5.0と高め。(※就活会議調べ)
  • 採用大学のボリューム層はMARCH
  • 事務系の選考倍率は200倍超え
  • WEBテストの通過率は約60%
  • 直近の採用人数は18人
日清オイリオの就職難易度
日清オイリオグループの就職難易度や学歴は?採用大学や採用人数も公開1日清オイリオグループとは 日清オイリオグループは、日本で初めてサラダ油を製造・販売した国内大手の製油メーカーです。2002年に、日清...
登録するだけでオファーが届くOfferBox

オファーボックス就活生なら絶対に登録しておきたいのがOfferBoxという逆求人サイトです。逆求人とは、企業側が学生にアプローチを仕掛けるという新たな採用形態で、現在9000以上の企業がOfferBoxを通じた採用活動を行っています。

オファーが届くと、選考スキップや特別セミナー、インターンシップへの招待など数多くのメリットが得られるため、ぜひ活用しましょう。

【OfferBoxの主な参加企業】
東京海上日動、JCB、三井住友信託銀行、東京ガス、ヤマハ、ニトリ、クラレ、三菱マテリアル、富士フイルム、ライオン、ロッテ、キリン、森永乳業、豊田自動織機、日産自動車、クボタ、オムロン、楽天、サイバーエージェント、積水化学工業、資生堂、朝日新聞、ロート製薬、マイクロソフト、双日など