就職難易度

みずほFGの就職難易度や学歴フィルターは?採用大学や採用人数を調査

1みずほFGとは

みずほフィナンシャルグループ(以下 みずほFG)とは、みずほ銀行やみずほ信託銀行などを傘下にもつ、みずほグループ統括会社です。第一勧業銀行、富士銀行、日本興業銀行の3行が合併して誕生しました。

現在みずほFGでは、みずほFG・みずほ銀行・みずほ信託銀行の3社合同採用しています。

「One MIZIHO」戦略を掲げており、銀行・信託・証券のグループ力を活かした総合的な提案力を強みとしています。

また、近年ではLINEと業務提携を結び、ネット銀行の設立を目指すなど、金融のデジタル化を推進しています。

2みずほFGの就職難易度

就活会議のデータによると、みずほFGの就職難易度は「4.3/5.0」でした。

企業名 就職難易度
みずほFG 4.3
三菱UFJ銀行  4.3
三井住友銀行  4.4
りそな銀行  4.1

 

「銀行の未来は暗い」と言われていながらも、依然として就職人気ランキングでは上位に食い込んでおり、就職難易度も高めです。

3みずほFGの採用大学・学歴

次は、みずほFGの採用大学・学歴を見ていきましょう。

2019年度のみずほFGの採用データをもとに、内定者の主な出身大学と採用人数をまとめました。

内定者の主な出身大学と採用人数(2019年度)

慶應義塾大学66、早稲田大学62、同志社大学35、明治大学35、青山学院大学23、中央大学23、法政大学19、東京大学18、上智大学18、立命館大学18、日本大学17、学習院大学16、立教大学15、明治学院大学15、関西大学14、関西学院大学13、東京理科大学11、成城大学11、大阪大学10、一橋大学10、成蹊大学9、京都大学8、日本女子大学8、東京工業大学7、昭和女子大学7、東北大学6、東洋大学6、東海大学6、京都産業大学6、共立女子大学6、神戸大学5、筑波大学5、大妻女子大学5、北海道大学4、名古屋大学4、大阪市立大学4、近畿大学4、駒澤大学3、同志社女子大学3、横浜国立大学3、國學院大学3、武蔵大学3、九州大学2、東京外国語大学2、岡山大学2、千葉大学2、広島大学2、東京都立大学2、大阪府立大学2、専修大学2、南山大学2、立命館アジア太平洋大学2、東京女子大学2、津田塾大学2、横浜市立大学1、東京電機大学1、愛知大学1、甲南大学1、中京大学1、京都女子大学1

(参照:サンデー毎日2019年8月18・25日合併号、AERA 2019年8月5日号、通信大学)

みずほFGの採用大学※難関国立大・・・旧帝大、一橋大、東京工業大、神戸大
※準難関国立大・・・新潟大、金沢大、千葉大、筑波大、岡山大、広島大、熊本大、都立大、大阪市大、横浜国立大
※中堅私立大・・・学習院大、成蹊大、成城大、明治学院大、國學院大学

内定者の出身大学を見ると、早慶上智やMARCHといった高学歴層が多いことが分かります。

みずほFGのようにエントリー数が非常に多い会社では、採用の効率性を図るために学歴フィルターを使っている可能性は高いです。

4みずほFGの採用人数

みずほFGの直近3年間の採用人数は以下の通りです。

年度 採用人数
2021年 510人
2020年 550人
2019年 700人

【2021年の採用人数(大卒・修士) 比較】
みずほFG 510人
三菱UFJ銀行 400人
三井住友銀行 530人
りそなグループ 436人

5みずほFGの選考フロー

ES・Webテスト(玉手箱)→面接(複数回)→内定

みずほFGの面接では、「なぜ、みずほなのか?」をしつこく聞かれます。これは、みずほFGが3メガバンクの中で最も規模が小さく、毎年多くの内定者を他社にとられているためです。

3メガの中で「みずほでなければはならない」理由を探し、上記の質問に論理的に答えられるようにしましょう。

また、みずほFGから内定をもらうためには、セミナーや座談会に積極的に参加することが重要です。

メガバンクはどこも事業内容や商品が似通っている一方で、社風は全く異なります。

そのため、セミナーや座談会を通して、どこの社風が自分に合っているのか確認しましょう。(セミナーへの参加回数が評価につながっているという噂もあるので、そういった意味でも重要です。

6【みずほFG 就職難易度】まとめ

みずほFGの就職難易度や学歴について紹介しました。ぜひ就職活動や転職活動の参考にしてみてください。

  • みずほグループ統括会社
  • 「One MIZIHO」による総合的なグループ力が強み。
  • 採用は、みずほFG・みずほ銀行・みずほ信託銀行の3社合同。
  • 就職難易度は4.3/5.0とやや高め。(※就活会議調べ)
  • 内定者の学歴は早慶上智、MARCHが多い。
  • 学歴フィルターがある可能性は高いが、MARCH以上あれば問題ない。
  • 面接では「なぜ、みずほ?」が重要。
  • 直近の採用人数は510人。
三菱UFJ銀行の就職難易度や学歴フィルターは?採用大学や採用人数を調査1三菱UFJ銀行とは 三菱FJ銀行とは、三菱UFJフィナンシャル・グループ(MUFG)の傘下であり、国内最大規模のメガバンクです。20...
三井住友銀行の就職難易度や学歴フィルターは?採用大学や採用人数を調査1三井住友銀行とは 三井住友銀行とは、三井住友フィナンシャルグループの中核を担う国内メガバンクの一角です。2001年に、さくら銀行と住...
登録するだけでオファーが届くOfferBox

オファーボックス就活生なら絶対に登録しておきたいのがOfferBoxという逆求人サイトです。逆求人とは、企業側が学生にアプローチを仕掛けるという新たな採用形態で、現在7000以上の企業がOfferBoxを通じた採用活動を行っています。

オファーが届けば、選考スキップや特別選考への招待など数多くのメリットが得られるため、ぜひ活用しましょう。

【OfferBoxの主な参加企業】
東京海上日動、JCB、三井住友信託銀行、東京ガス、ヤマハ、ニトリ、クラレ、三菱マテリアル、富士フイルム、ライオン、ロッテ、キリン、森永乳業、豊田自動織機、日産自動車、クボタ、オムロン、楽天、サイバーエージェント、積水化学工業、など