コラム

【OBの探し方】ツテなしコネなしでもOB訪問30回できました

OB訪問の探し方

この記事を見ているあなたは「OB訪問したいけど、OBがいなくてできない!」「OBはどこで探したらいいの?」という悩みを抱えていると思います。

実際に私も、就活生時代はOB訪問の重要性を何回も聞かされましたが、肝心のOBがおらず、焦っていました。

OBいないから、OB訪問できねーじゃん!

しかし、就活が終わった時にふと振り返ってみると、30人以上のOBに訪問していました。

そこでこの記事では、ツテなしコネなしでもできるOBの探し方について紹介します。

1OBの探し方

それではここから、ツテなしコネなしでもできるOBの探し方について、4つ紹介します。

1キャリアセンター

一般的な方法としてあげられるのが、大学の就職課・キャリアセンターにある名簿からOBを探す方法です。

名簿には、卒業年度企業名職種勤務地などが記載されており、自分の条件にあったOBを探すことができます。

ただ、名簿は個人情報のかたまりなので、キャリアセンターに行かないと閲覧できない場合が多いです。

OB訪問したいと思ったら、いちいち大学に行く必要があるため、少々めんどくさいですね。

2説明会・インターンシップ

説明会やインターンシップで会った社員にOBを紹介してもらうという方法もあります。

説明会やインターンが終わった後、個別での質問タイムが設けられると思うので、その時に質問ついでにお願いしてみましょう。

たとえOBの紹介ができないと言われても、志望度のアピールにつながったり、顔を覚えてもらったりするので、行きたい企業ならダメもとでも聞いてみることをオススメします

3SNS

最近では、FacebookやTwitterなどのSNSを通じてOB訪問をお願いする人もいるようです。

大手だと難しいと思いますが、中小企業やベンチャー企業なら対応してもらえるかもしれません。

社員のアカウントや企業の公式アカウントを見つけて、メッセージを送ってみましょう。

4OB訪問アプリ

私が訪問したOBのうち、ほとんどの方はOB訪問アプリからです。

OB訪問アプリを使うメリットは、「気軽に利用できる点」と「返信率が高い点」です。

キャリアセンターやSNSだと、「連絡したのに返信が返ってこない」ということがよくあります。

アプリに登録されている社会人は、基本的にOB訪問に前向きなので、連絡が取れれば、よほどのことがない限り快諾してくれるでしょう。

また、OB訪問アプリを使えば、自分の大学以外の先輩にもアプローチすることができます

そもそも卒業生が少なかったり、自分が志望する企業にOBがいないという場合は、アプリを使って他大学のOBを探してみましょう。

OB訪問の探し方比較

訪問できる確率 気軽さ オススメ度
キャリアセンター
説明会・インターンシップ 
SNS
OB訪問アプリ

2オススメのOB訪問アプリ

1HELLO,VISIT

HELLO,VISITの特徴は、OB側のプロフィールが詳細に記載されていることです

これまでのキャリアや現在の仕事内容だけでなく、学生時代のエピソードについても書かれているため、共通の趣味があれば、いざ会った時に話すキッカケになるでしょう。

また、企業公認のOBが多いため、安心感もあります。

HELLO, VISITS
HELLO, VISITS
開発元:VISITS Technologies Inc.
無料
posted withアプリーチ

2ビズリーチキャンパス

ビズリーチキャンパスは高学歴を対象にしたOB訪問アプリです。

HELLO,VISITと同じく、企業公認のOBが多く、大手企業の社員も多く登録されています。

また、スカウト機能もついており、インターンシップや早期選考のお誘いが来るため、対象となる大学であれば登録すべきです

【ビズリーチキャンパスの対象大学】
青山学院大学、大阪市立大学、大阪大学、大阪府立大学、関西大学、関西学院大学、学習院大学、九州工業大学、九州大学、京都大学、慶應義塾大学、神戸大学、国際教養大学、国際基督教大学、滋賀大学、上智大学、千葉大学、中央大学、筑波大学、東京外国語大学、東京工業大学、東京大学、東京都立大学、東京理科大学、東北大学、同志社大学、名古屋工業大学、名古屋大学、一橋大学、広島大学、法政大学、北海道大学、明治大学、横浜国立大学、横浜市立大学、立教大学、立命館アジア太平洋大学、立命館大学、早稲田大学

3OB訪問の探し方まとめ

ツテなしコネなしでOBを探す方法について4つ紹介しましたが、一番オススメなのは、OB訪問アプリを使うことです。

気軽に使えて、OB訪問に繋がる可能性も高いので、ぜひ活用してみましょう。

【OBの探し方】
・キャリアセンター
・説明会/インターンシップ
・SNS
・OB訪問アプリ

 

登録するだけでオファーが届くOfferBox

オファーボックス就活生なら絶対に登録しておきたいのがOfferBoxという逆求人サイトです。逆求人とは、企業側が学生にアプローチを仕掛けるという新たな採用形態で、現在9000以上の企業がOfferBoxを通じた採用活動を行っています。

オファーが届くと、選考スキップや特別セミナー、インターンシップへの招待など数多くのメリットが得られるため、ぜひ活用しましょう。

【OfferBoxの主な参加企業】
東京海上日動、JCB、三井住友信託銀行、東京ガス、ヤマハ、ニトリ、クラレ、三菱マテリアル、富士フイルム、ライオン、ロッテ、キリン、森永乳業、豊田自動織機、日産自動車、クボタ、オムロン、楽天、サイバーエージェント、積水化学工業、資生堂、朝日新聞、ロート製薬、マイクロソフト、双日など