就職難易度

大阪ガスの就職難易度や学歴は?採用大学や採用人数も公開

大阪ガスのロゴ

1大阪ガスとは

大阪ガスのロゴ出典:大阪ガスの公式HP

大阪ガスは、関西エリアでガスを供給する大手都市ガス会社です。東京ガスに次ぐ全国第2位の都市ガス販売量を誇り、長年に渡って地域のインフラを支えています。

最近では、電力の小売全面自由化に伴い、一般家庭向けの電力販売にも参入。ガスに頼らない収益の多角化を推進しています。

また、海外展開にも積極的で、2019年には日本企業で初めて海外のシェールガス開発会社の買収に成功しました。

2大阪ガスの就職難易度

就活会議のデータによると、大阪ガスの就職(選考)難易度は「4.7/5.0」でした。

人気のインフラ系ということもあり、就職難易度は全体的に高いです。

大阪ガスも例外ではなく、直近の選考倍率は事務系総合職で66倍に上っています。

企業名 就職難易度
大阪ガス 4.7
東京ガス 5.0
東京電力 4.6
中部電力 5.0
関西電力 4.6
電源開発 5.0
JXTGエネルギー 5.0
出光興産 5.0
INPEX 5.0

*就活会議 参照

3大阪ガスの採用大学・学歴

(1)採用大学実績

マイナビのデータによると、大阪ガスの採用大学実績(一部)は以下の通りです。

<大学院>
京都大学、神戸大学、大阪大学、同志社大学、慶應義塾大学、大阪府立大学、大阪市立大学、北海道大学、早稲田大学
<大学>
京都大学、大阪大学、慶應義塾大学、早稲田大学、関西学院大学、関西大学、立命館大学、神戸大学、同志社大学、九州大学、大阪工業大学、東京大学、大阪市立大学、近畿大学、一橋大学

出典:マイナビ

(2)内定者の大学群別の割合

次はより具体的な採用大学実績を見ていきましょう。

就職四季報に掲載されている大阪ガスの採用データをもとに、内定者の出身大学と採用人数をまとめました。

2021年度内定者の出身大学(大学・人数)

【大学】
大阪大学6、早稲田大学6、神戸大学4、立命館大学3、龍谷大学3、大阪工業大学3、同志社大学2、京都産業大学2、東京大学1、一橋大学1、慶應義塾大学1、関西学院大学1、近畿大学1、九州産業大学1、筑波大学1、明治大学1、立教大学1、他

【大学院】
京都大学13、神戸大学8、大阪大学5、大阪府立大学3、東京大学2、東北大学2、名古屋大学2、早稲田大学1、慶應義塾大学1、大阪市立大学1、岡山大学1、同志社大学1、関西大学1

※参考:就職四季報 2022年度版

2020年度内定者の出身大学(大学・人数)

【大学】
大阪大学7、近畿大学7、京都大学6、神戸大学6、大阪工業大学5、関西大学3、東京大学2、早稲田大学2、慶應義塾大学2、同志社大学2、立命館大学2、九州大学1、一橋大学1、上智大学1、青山学院大学1、立教大学1、東海大学1、関西学院大学1、大阪市立大学1、東北福祉大学1

【大学院】
京都大学15、大阪大学5、神戸大学4、早稲田大学2、同志社大学2、慶應義塾大学1、大阪市立大学1、大阪府立大学1、北海道大学1

2019年度内定者の出身大学(大学・人数)

【大学】
大阪大学8、京都大学4、慶應義塾大学3、関西大学3、関西学院大学3、大阪府立大学2、大阪工業大学2、龍谷大学2、近畿大学2、京都産業大学2、神戸大学1、神戸女学院大学1、東京大学1、横浜国立大学1、早稲田大学1、同志社大学1、九州大学1、東洋大学1、大阪市立大学1、立命館大学1、奈良女子大学1、福岡大学1、他

【大学院】
大阪大学9、京都大学6、神戸大学3、東北大学3、立命館大学3、慶應義塾大学2、北海道大学1、早稲田大学1、大阪府立大学1、同志社大学1

2018年度内定者の出身大学(大学・人数)

【大学】
京都大学11、神戸大学4、近畿大学4、龍谷大学3、京都産業大学3、大阪大学2、大阪工業大学2、筑波大学2、同志社大学2、関西大学2、国際教養大学1、慶應義塾大学1、名古屋大学1、九州大学1、立命館大学1、関西学院大学1、中央大学1

【大学院】
京都大学10、大阪大学8、東京大学2、神戸大学2、早稲田大学2、東北大学1、同志社大学1、大阪市立大学1、大阪工業大学1

大阪ガスの採用大学

※難関国立大・・・旧帝大、一橋大、東工大、神戸大
※準難関国立大・・・新潟大、金沢大、千葉大、筑波大、岡山大、広島大、熊本大、都立大、大阪市大、横浜国立大

大阪に基盤を持つ企業なだけあって、内定者の出身大学は京大・阪大・神戸大・関関同立・産近甲龍など、関西エリアの大学の割合が多いです。

特に京大や阪大をはじめとした難関国立大の採用数が非常に多く、全体の半数以上を占めています。

より詳しい情報は「就職四季報」に記載されています。5000社もの情報が網羅されており、就活生には必須の1冊なので、持っていない方は即購入をオススメします。

4大阪ガスの採用人数

大阪ガスの直近の採用人数は80です。

男女別

年度 男女別(男性・女性)
2021年 80人(61・19)
2020年 85人(66・19)
2019年 74人(55・19)
2018年 70人(51・19)

専攻別

年度 専攻別(文系・理系)
2021年 80人(30・50)
2020年 85人(40・45)
2019年 74人(37・37)
2018年 70人(31・39)

大卒修士別

年度 大卒修士別(大卒・修士)
2021年 80人(39・41)
2020年 85人(53・32)
2019年 74人(43・31)
2018年 70人(42・28)

コース別

年度 コース別(ゼネラルスペシャリスト・プロフェッショナル)
2021年 80人(58・22)
2020年 85人(60・25)
2019年 74人(52・22)
2018年 70人(47・23)

【2021年の内定者数(大卒・修士) 比較】
大阪ガス 80人
東京ガス 113人
東京電力 351人
中部電力 194人
関西電力 218人(2020年の数値)
J-POWER 84人
ENEOS 138人
出光興産 72人

5大阪ガスの選考フロー

エントリーシート→筆記試験→GD(グループディスカッション)→1次面接→2次面接→最終面接→内定

大阪ガスでは、インターンシップに参加して高い評価を得ると、リクルーターがつき早期選考に乗ることができます。

内々定を貰った学生の中には、インターンシップ参加者が多いようなので、興味があればぜひ応募してみましょう。

また、大阪ガスはOfferBoxという逆求人サイトに登録されているため、運が良ければそこからオファーが来るかもしれません。オファーを貰えれば、特別セミナーや特別選考に招待される可能性があるので、ぜひチェックしておきましょう。

6【大阪ガス 就職難易度】まとめ

大阪ガスの就職難易度や学歴について紹介しました。ぜひ就職活動や転職活動の参考にしてみてください。

  • 東京ガスに次ぐ全国第2位の都市ガス販売量を誇る
  • 2019年に日本企業で初めて海外のシェールガス開発会社を買収
  • 職難易度は4.7/5.0(※就活会議調べ)
  • インフラ業界であるため就職難易度は高い
  • 採用大学は関西の難関大学が多い
  • 昨年の事務系総合職の選考倍率は66倍
  • 直近の採用人数は80人
登録するだけでオファーが届くOfferBox

オファーボックス就活生なら絶対に登録しておきたいのがOfferBoxという逆求人サイトです。逆求人とは、企業側が学生にアプローチを仕掛けるという新たな採用形態で、現在7000以上の企業がOfferBoxを通じた採用活動を行っています。

オファーが届けば、選考スキップや特別選考への招待など数多くのメリットが得られるため、ぜひ活用しましょう。

【OfferBoxの主な参加企業】
東京海上日動、JCB、三井住友信託銀行、東京ガス、ヤマハ、ニトリ、クラレ、三菱マテリアル、富士フイルム、ライオン、ロッテ、キリン、森永乳業、豊田自動織機、日産自動車、クボタ、オムロン、楽天、サイバーエージェント、積水化学工業、など