就職難易度

ハウス食品の就職難易度や内定者の学歴は?採用大学や採用人数も公開

ハウス食品

1ハウス食品とは

ハウス食品は、カレーやシチューなどの加工食品を製造販売する国内大手の食品メーカーです。

1913年に、薬種化学原料店として設立されました。その後、1926年に食品事業に乗り出した同社は「ホームカレー(ハウスカレー)」の製造・販売を開始し、当時馴染みの薄かったカレーを全国に普及させました。

今では、「バーモンドカレー」や「こくまろ」など様々な有名ブランドを展開しており、カレールウでは国内首位の売上を誇ります。

また、健康食品も強く、グループ会社では「ウコンの力」や「1日分のビタミン」など数々のヒット商品を有しています。

2ハウス食品の就職難易度

就活会議のデータによると、ハウス食品の就職(選考)難易度は「4.3/5.0」です。

選考倍率は例年200倍を超えており、21年卒の事務系総合職の選考倍率は約270倍でした。(技術系の倍率は64倍)

※参考:就職四季報

企業名 就職難易度
ハウス食品 4.3
味の素 5.0
カゴメ 4.5
キユーピー 4.1
エスビー食品 4.3
キッコーマン 4.4
ミツカン 4.5

3ハウス食品の採用大学・学歴

(1)採用大学実績

マイナビのデータによると、ハウス食品の採用大学実績(一部)は以下の通りです。

<大学>
青山学院大学、茨城大学、愛媛大学、大阪大学、大阪市立大学、大阪府立大学、大妻女子大学、岡山大学、お茶の水女子大学、香川大学、関西大学、関西外国語大学、関西学院大学、学習院大学、九州大学、九州工業大学、京都大学、京都外国語大学、京都工芸繊維大学、京都産業大学、京都女子大学、京都府立大学、共立女子大学、近畿大学、慶應義塾大学、甲南大学、神戸大学、神戸市外国語大学、國學院大學、埼玉大学、静岡大学、静岡県立大学、島根大学、首都大学東京、昭和女子大学、上智大学、女子栄養大学、高崎経済大学、千葉大学、中央大学、中央学院大学、筑波大学、帝京大学、東京大学、東京海洋大学、東京家政大学、東京外国語大学、東京農業大学、同志社大学、同志社女子大学、獨協大学、名古屋工業大学、奈良女子大学、南山大学、日本大学、日本女子大学、兵庫県立大学、広島大学、法政大学、北海道大学、明治大学、横浜国立大学、横浜市立大学、立教大学、立命館大学、龍谷大学、和歌山大学、早稲田大学

出典:マイナビ

(2)内定者の大学群別の割合

次はより具体的な採用大学実績を見ていきましょう。

就職四季報に掲載されているハウス食品の採用データをもとに、内定者の出身大学と採用人数をまとめました。

2021年度内定者の出身大学(大学・人数)

【大学】
明治大学3、神戸大学2、慶應義塾大学2、青山学院大学2、立教大学2、関西大学2、東京農業大学2、日本女子大学2、早稲田大学1、上智大学1、中央大学1、神奈川工科大学1、大阪市立大学1、同志社大学1、立命館大学1、近畿大学1、龍谷大学1、京都薬科大学1、宮崎大学1、立命館アジア太平洋大学1、延世大学1

【大学院】
北海道大学4、京都大学2、大阪大学2、九州大学2、筑波大学2、お茶の水女子大学2、東京海洋大学2、早稲田大学2、東北大学1、東京農業大学1、東京理科大学1、静岡県立大学1、名古屋工業大学1、大阪市立大学1、大阪府立大学1、立命館大学1、岡山大学1、鹿児島大学1

※参考:就職四季報 2022年度版

2020年度内定者の出身大学(大学・人数)

【大学】
法政大学3、横浜国立大学2、青山学院大学2、同志社大学2、関西学院大学2、昭和女子大学2、早稲田大学1、立教大学1、東洋大学1、東京外国語大学1、立命館大学1、関西大学1、甲南大学1、大阪大学1、岡山大学1、神戸学院大学1、東京家政大学1、武庫川女子大学1

【大学院】
京都大学7、東京大学4、東北大学3、鹿児島大学2、大阪大学2、東京海洋大学2、東京理科大学2、神戸大学1、千葉大学1、筑波大学1、東京農工大学1

※参考:就職四季報 2021年度版

2019年度内定者の出身大学(大学・人数)

【大学】
明治大学4、立教大学3、同志社大学3、大阪大学2、神戸大学2、日本大学2、横浜国立大学1、千葉大学1、東京都立大学1、早稲田大学1、上智大学1、法政大学1、学習院大学1、國學院大学1、関西学院大学1、関西大学1、立命館大学1、近畿大学1、龍谷大学1、昭和女子大学1、共立女子大学1

【大学院】
京都大学4、北海道大学4、早稲田大学2、神戸大学2、東京農工大学2、東京大学1、東京工業大学1、東京理科大学1、東京海洋大学1、大阪大学1、愛媛大学1、横浜市立大学1

※参考:就職四季報 2020年度版

2018年度内定者の出身大学(大学・人数)

【大学】
中央大学4、上智大学2、関西大学2、関西学院大学2、東京大学1、九州大学1、筑波大学1、岡山大学1、広島大学1、島根大学1、横浜市立大学1、大阪府立大学1、慶應義塾大学1、東京理科大学1、東京農業大学1、明治大学1、立教大学1、帝京大学1、同志社大学1、甲南大学1、日本女子大学1、東京女子大学1、同志社女子大学1、女子栄養大学1

【大学院】
東北大学2、東京海洋大学2、東京大学1、京都大学1、大阪大学1、神戸大学1、筑波大学1、岡山大学1、徳島大学1、秋田県立大学1、東京都立大学1、東京理科大学1、立命館大学1、お茶の水女子大学1、日本女子大学1

※参考:就職四季報 2019年度版

ハウス食品の採用大学※難関国立大・・・旧帝大、一橋大、東工大、神戸大
※準難関国立大・・・新潟大、金沢大、千葉大、筑波大、岡山大、広島大、熊本大、都立大、大阪市大、横浜国立大

上のグラフを見ても分かるように、ハウス食品の内定者は難関国立大や難関私立大の出身者が大半を占めています。

しかしその一方で、日東駒専よりも偏差値の低い大学からも内定者を出しているため、そこまで学歴には拘らず、人柄重視の選考だと考えられます。

ただ、SPIの結果次第では足切りされてしまうため、注意しましょう。

より詳しい情報は「就職四季報」に記載されています。5000社もの情報が網羅されており、就活生には必須の1冊なので、持っていない方は購入をオススメします。

4ハウス食品の採用人数

ハウス食品の2021年卒選考の採用人数は58人です。

男女別

年度 男女別(男性・女性)
2021年 58人(31・27)
2020年 45人(26・19)
2019年 50人(28・22)
2018年 51人(25・26)

専攻別

年度 専攻別(文系・理系)
2021年 58人(20・38)
2020年 45人(22・23)
2019年 50人(17・33)
2018年 51人(20・31)

大卒修士別

年度 大卒修士別(大卒・修士)
2021年 58人(30・28)
2020年 45人(28・17)
2019年 50人(29・21)
2018年 51人(25・26)

【2021年の内定者数(大卒・修士) 比較】
ハウス食品 58人
カゴメ 37人
味の素 60人
キューピー 24人
エスビー食品 29人
キッコーマン 18人
ミツカン 42人

5ハウス食品の選考フロー

【事務系総合職】
エントリーシート→GD(グループディスカッション)→1次面接・テストセンター(SPI)→2次面接→最終面接→内定

【技術系総合職】
エントリーシート→1次面接→2次面接・テストセンター(SPI)→最終面接→内定

ハウス食品の面接では、事前に用意した自己紹介シートを元に2分間の自己PRが求められます。

中にはタイマーで時間を測られた人もいるため、面接前に2分間で話せる練習をしておきましょう。(年度によって自己PRの時間が変わる可能性もあるので、1分間・2分間・3分間それぞれの内容を用意しとくと安心です。)

また、筆記試験はテストセンター受験型のSPIが採用されています。上述したように、ハウス食品は応募者数が非常に多く、SPIのボーダーが高く設定されている可能性があるため、しっかりと対策しておく必要があります。

6【ハウス食品 就職難易度】まとめ

ハウス食品の就職難易度や学歴について紹介しました。ぜひ就職活動や転職活動の参考にしてみてください。

  • カレーやシチューなどの加工食品を製造販売する国内大手の食品メーカー
  • 「バーモンドカレー」や「こくまろ」など様々な有名ブランドを展開し、カレールウの国内シェアではトップ
  • 事務系総合職の選考倍率は例年200倍超え
  • 就職難易度は4.3/5.0と高め。(※就活会議調べ)
  • 採用大学は難関国立大や難関私立大が多い
  • 面接では2分間の自己PRタイムがある
  • 直近の採用人数は58人
アサヒグループ食品の就職難易度
アサヒグループ食品の就職難易度や学歴は?採用大学や採用人数も公開1アサヒグループ食品とは アサヒグループ食品は、アサヒグループHDの国内食品事業の中核企業です。2015年に、アサヒフードアンドヘルス...
カゴメの就職難易度
カゴメの就職難易度や学歴フィルターは?採用大学や採用人数も公開1カゴメとは カゴメは、トマト加工品を中心に飲料・食品事業を展開する愛知県発祥の会社です。1899年の創業当初からトマトの研究をしてお...
登録するだけでオファーが届くOfferBox

オファーボックス就活生なら絶対に登録しておきたいのがOfferBoxという逆求人サイトです。逆求人とは、企業側が学生にアプローチを仕掛けるという新たな採用形態で、現在9000以上の企業がOfferBoxを通じた採用活動を行っています。

オファーが届くと、選考スキップや特別セミナー、インターンシップへの招待など数多くのメリットが得られるため、ぜひ活用しましょう。

【OfferBoxの主な参加企業】
東京海上日動、JCB、三井住友信託銀行、東京ガス、ヤマハ、ニトリ、クラレ、三菱マテリアル、富士フイルム、ライオン、ロッテ、キリン、森永乳業、豊田自動織機、日産自動車、クボタ、オムロン、楽天、サイバーエージェント、積水化学工業、資生堂、朝日新聞、ロート製薬、マイクロソフト、双日など