就職難易度

アトレの就職難易度や学歴は?採用大学や採用人数も公開

アトレの就職難易度

1アトレとは

アトレとは、「atre(アトレ)」というブランド名で、駅ビル型のショッピングセンターを展開するJR東日本の連結子会社です。

首都圏を中心に駅ビルの共同開発や駅ナカ商業施設の運営を行っており、小規模施設も含めると、現在45店舗ものショッピングセンターを展開しています。

また、2019年には初の海外店舗として台湾にBreeze南山「atre」を開業。これ皮切りに、今後も海外での商業施設の開発・運営事業を推進していく方針です。

2アトレの就職難易度

就活会議のデータによると、アトレの就職(選考)難易度は「3.7/5.0」でした。

大手デベロッパーと比較すると、アトレの就職難易度は低いです。しかし、ここ数年間の採用人数は毎年10人程度と少ないため、選考倍率を加味すると難易度はもう少し高くなりそうです。

企業名 就職難易度
アトレ 3.7
三井不動産 5.0
三菱地所 5.0
NTT都市開発 5.0
森トラスト 4.9
イオンモール 4.3

3アトレの採用大学・学歴

(1)採用大学実績

マイナビのデータによると、アトレの採用大学実績(一部)は以下の通りです。

<国内大学>
青山学院大学、亜細亜大学、大妻女子大学、お茶の水女子大学、神奈川大学、学習院大学、学習院女子大学、共立女子大学、慶應義塾大学、国士舘大学、駒澤大学、芝浦工業大学、上智大学、成蹊大学、成城大学、専修大学、高崎経済大学、千葉大学、中央大学、東京女子大学、東京造形大学、東京都市大学、東京理科大学、東洋大学、新潟大学、日本大学、日本獣医生命科学大学、日本女子大学、法政大学、武蔵大学、武蔵野美術大学、明治大学、明治学院大学、立教大学、立正大学、早稲田大学

<海外大学>
ボン大学・台湾大学・東呉大学・延世大学

出典:マイナビ

(2)内定者の大学群別の割合

次はより具体的な採用大学実績を見ていきましょう。

就職四季報に掲載されているアトレの採用データをもとに、内定者の出身大学と採用人数をまとめました。

2021年度内定者の出身大学(大学・人数)

【大学】
法政大学2、早稲田大学1、明治大学1、立教大学1、成蹊大学1、國學院大学1、専修大学1、大妻女子大学1

【大学院】
明治大学1

※参考:就職四季報 2022年度版

2020年度内定者の出身大学(大学・人数)

【大学】
明治大学2、慶應義塾大学1、法政大学1、成蹊大学1、神奈川大学1、日本大学1、駒澤大学1、延世大学1、東京女子大学1、共立女子大学1

【大学院】
慶應義塾大学1

※参考:就職四季報 2021年度版

2019年度内定者の出身大学(大学・人数)

【大学】
東京女子大学2、日本大学2、法政大学1、武蔵大学1、芝浦工業大学1、台湾大学1、東呉大学1

※参考:就職四季報 2020年度版

2018年度内定者の出身大学(大学・人数)

【大学】
明治大学3、法政大学3、日本大学2、成蹊大学1、武蔵大学1、専修大学1、麻布大学1

※参考:就職四季報 2019年度版

アトレの採用大学※中堅私立大・・・学習院大、成蹊大、成城大、明治学院大、國學院大

上のグラフを見てわかるように、アトレ内定者のボリューム層はMARCHで、全体の約35%を占めています。

そのほかでは、成蹊大学などを含めた中堅私立大、日東駒専、女子大の採用が目立っています。

より詳しい情報は「就職四季報」に記載されています。5000社もの情報が網羅されており、就活生には必須の1冊なので、持っていない方は購入をオススメします。

4アトレの採用人数

アトレの直近の採用人数は10人です。大手デベロッパーや不動産仲介などと比較すると、かなり少なめです。

男女別

年度 男女別(男性・女性)
2021年 10人(5・5)
2020年 12人(4・8)
2019年 9人(2・7)
2018年 12人(6・6)

専攻別

年度 専攻別(文系・理系)
2021年 10人(8・2)
2020年 12人(11・1)
2019年 9人(6・3)
2018年 12人(8・4)

大卒・修士別

年度 大卒修士別(大卒・修士)
2021年 10人(9・1)
2020年 12人(11・1)
2019年 9人(9・0)
2018年 12人(12・0)

【2021年の内定者数 比較】
アトレ 10人
三井不動産 61人
三菱地所 47人
住友不動産 26人
野村不動産 54人
イオンモール 59人

5アトレの選考フロー

エントリーシート→テストセンター(C-GAB)→1次面接→2次面接→最終面接→内定

アトレの筆記試験には「C-GAB」が採用されています。(年度によって変更される可能性があるので注意してください)

内容はWebテストの「玉手箱」とほぼ同じなので、そちらの対策をしておけば大丈夫でしょう。

また、面接では「アトレの印象は何か?」「アトレの施設で改善すべき点はどこか?」など、アトレの施設に関することを聞かれるケースがあります。実際に施設に足を踏み入れて、感じたこと、思ったことを面接前に整理しておきましょう。

6【アトレ 就職難易度】まとめ

アトレの就職難易度や学歴について紹介しました。ぜひ就職活動や転職活動の参考にしてみてください。

  • 駅ビル型のショッピングセンターを展開するJR東日本の連結子会社
  • 2019年には初の海外店舗として台湾にBreeze南山「atre」を開業
  • 就職難易度は3.7/5.0(※就活会議調べ)
  • 採用大学のボリューム層はMARCH
  • 直近の採用人数は10人
  • 同業他社と比べると採用人数は少ない
登録するだけでオファーが届くOfferBox

オファーボックス就活生なら絶対に登録しておきたいのがOfferBoxという逆求人サイトです。逆求人とは、企業側が学生にアプローチを仕掛けるという新たな採用形態で、現在9000以上の企業がOfferBoxを通じた採用活動を行っています。

オファーが届くと、選考スキップや特別セミナー、インターンシップへの招待など数多くのメリットが得られるため、ぜひ活用しましょう。

【OfferBoxの主な参加企業】
東京海上日動、JCB、三井住友信託銀行、東京ガス、ヤマハ、ニトリ、クラレ、三菱マテリアル、富士フイルム、ライオン、ロッテ、キリン、森永乳業、豊田自動織機、日産自動車、クボタ、オムロン、楽天、サイバーエージェント、積水化学工業、資生堂、朝日新聞、ロート製薬、マイクロソフト、双日など