就職難易度

NTTファイナンスの就職難易度や学歴は?採用大学や採用人数も公開

NTTファイナンスの就職難易度

1NTTファイナンスとは

NTTファイナンスとは、リースや割賦、クレジットカードなど様々な金融サービスを提供するNTTグループの金融中核会社です。NTT民営化後の第一号子会社である「NTTリース」として、1985年に誕生しました。

一般企業向けの他に、グループ内のファイナンス機能も担っており、900社以上あるNTTグループ企業の発展・成長を金融面から支えています。

また、2020年には、国内外におけるリース・ファイナンス事業の拡充を目指すため、大手リース会社「東京センチュリー」と資本提携を結び、新会社「NTT・TCリース」を設立しました。

2NTTファイナンスの就職難易度

就活会議のデータによると、NTTファイナンスの就職(選考)難易度は「4.4/5.0」でした。

このデータだけで見ると、リース業界の中では最も就職難易度が高いようです。NTTというブランド力がある上に、ホワイトな仕事環境なので、リース業界の中では人気があるようです。

企業名 就職難易度
NTTファイナンス 4.4
三菱UFJリース 4.2
東京センチュリー 4.1
三井住友ファイナンス&リース 4.0
日立キャピタル 4.0
芙蓉総合リース 3.9
みずほリース 3.9
JA三井リース 3.9

3NTTファイナンスの採用大学・学歴

(1)採用大学実績

マイナビのデータによると、NTTファイナンスの採用大学実績は以下の通りです。

<大学>
愛知大学、青山学院大学、亜細亜大学、大阪大学、大阪市立大学、大阪府立大学、岡山大学、お茶の水女子大学、尾道市立大学、神奈川大学、金沢大学、関西大学、関西学院大学、学習院大学、京都大学、京都産業大学、京都女子大学、共立女子大学、近畿大学、熊本大学、慶應義塾大学、甲南大学、神戸大学、国士舘大学、駒澤大学、滋賀大学、静岡大学、島根大学、下関市立大学、首都大学東京、信州大学、上智大学、成蹊大学、成城大学、専修大学、創価大学、高崎経済大学、千葉大学、中央大学、中京大学、筑波大学、津田塾大学、東北大学、東北学院大学、東洋大学、同志社大学、同志社女子大学、獨協大学、名古屋大学、奈良女子大学、南山大学、新潟大学、日本大学、一橋大学、弘前大学、広島大学、福岡大学、福島大学、法政大学、北海道大学、宮城大学、明治大学、明治学院大学、山口大学、横浜国立大学、横浜市立大学、立教大学、立命館大学、早稲田大学

出典:マイナビ

(2)内定者の大学群別の割合

次はより具体的な採用大学実績を見ていきましょう。

就職四季報に掲載されているNTTファイナンスの採用データをもとに、内定者の出身大学と採用人数をまとめました。

2021年度内定者の出身大学(大学・人数)

【大学】
法政大学6、明治大学5、神戸大学3、青山学院大学3、中央大学3、東洋大学3、関西学院大学3、東北大学2、早稲田大学2、立教大学2、成城大学2、駒澤大学2、大阪市立大学2、立命館大学2、関西大学2、甲南大学2、小樽商科大学1、北海道教育大学1、一橋大学1、岡山大学1、山形大学1、成蹊大学1、日本大学1、専修大学1、東海大学1、同志社大学1、京都女子大学1、西南学院大学1

※参考:就職四季報 2022年度版

2020年度内定者の出身大学(大学・人数)

【大学】
法政大学6、明治大学5、立命館大学4、関西学院大学4、上智大学3、関西大学3、同志社大学3、東洋大学3、滋賀大学3、大阪大学2、日本大学2、成城大学2、京都産業大学2、東北大学1、名古屋大学1、筑波大学1、千葉大学1、岡山大学1、福島大学1、慶應義塾大学1、早稲田大学1、中央大学1、青山学院大学1、成蹊大学1、獨協大学1、中京大学1、愛知大学1、甲南大学1、山梨学院大学1、東北学院大学1、大阪市立大学1、京都女子大学1、奈良女子大学1

※参考:就職四季報 2021年度版

2019年度内定者の出身大学(大学・人数)

【大学】
同志社大学6、立命館大学4、青山学院大学4、立教大学4、法政大学3、明治大学3、関西学院大学3、神戸大学2、早稲田大学2、慶應義塾大学2、東京都立大学2、中央大学2、関西大学2、成蹊大学2、専修大学2、京都大学1、一橋大学1、東北大学1、岡山大学1、熊本大学1、福岡大学1、弘前大学1、大阪市立大学1、上智大学1、学習院大学1、関西外国語大学1、日本大学1

【大学院】
立命館大学1

※参考:就職四季報 2020年度版

2018年度内定者の出身大学(大学・人数)

【大学】
早稲田大学6、同志社大学6、慶應義塾大学4、関西学院大学4、法政大学3、関西大学3、大阪大学2、大阪市立大学2、立教大学2、中央大学2、学習院大学2、成蹊大学2、日本大学2、東北大学1、神戸大学1、東京都立大学1、滋賀大学1、新潟大学1、横浜市立大学1、静岡大学1、上智大学1、明治大学1、立命館大学1、成城大学1、共立女子大学1

【大学院】
大阪府立大学1

※参考:就職四季報 2019年度版

NTTファイナンスの採用大学※中堅私立大・・・学習院大、成蹊大、成城大、明治学院大、國學院大
※難関国立大・・・旧帝大、一橋大、東工大、神戸大
※準難関国立大・・・新潟大、金沢大、千葉大、筑波大、岡山大、広島大、熊本大、都立大、大阪市大、横浜国立大

NTTファイナンスの採用大学は、MARCHが最も多く、その次に関関同立、早慶上智が続いています。それ以外の日東駒専・中堅私立大・難関国立大・準難関国立大はほぼ横並びです。

また、学歴フィルターの基準はそこまで厳しくなく、日東駒専以下の大学からも毎年内定者が出ています。

より詳しい情報は「就職四季報」に記載されています。5000社もの情報が網羅されており、就活生には必須の1冊なので、持っていない方は購入をオススメします。

4NTTファイナンスの採用人数

NTTファイナンスの直近の採用人数は56人です。他のリース会社と比較すると、やや多めです。

男女別

年度 男女別(男性・女性)
2021年 56人(42・14 )
2020年 62人(36・26)
2019年 56人(39・17)
2018年 52人(34・18)

専攻別

年度 専攻別(文系・理系)
2021年 56人(52・4)
2020年 62人(59・3)
2019年 56人(52・4)
2018年 52人(49・3)

大卒・修士別

年度 大卒修士別(大卒・修士)
2021年 56人(56・0)
2020年 62人(62・0)
2019年 56人(55・1)
2018年 52人(51・1)

【2021年の内定者数(大卒・修士) 比較】
NTTファイナンス 56人
三井住友ファイナンス&リース 63人
三菱UFJリース 35人
東京センチュリー 18人
日立キャピタル 25人
芙蓉総合リース 41人
みずほリース 31人
JA三井リース 23人

5NTTファイナンスの選考フロー

エントリーシート→テストセンター(SPI)→GD(グループディスカッション)→1次面接→最終面接→内定

NTTファイナンスでは秋〜冬に3daysのインターシップが設けられており、そこに参加すると一般とは別のルートで本選考に進むことができます。

内定者の中にはインターン参加者も多いようなので、NTTファイナンスに興味がある方はぜひ応募してみましょう。

インターンに参加していなくても、逆求人サイトでスカウトやオファーがくれば優遇される可能性はあります。NTTファイナンスでは、OfferBoxという逆求人サイトでオファー型採用も行っているので、ぜひ利用してみてください。

おすすめの逆求人サイト
【最新版比較】おすすめの逆求人サイト・スカウトサイト8選時間がない人、詳細とかどうでも良いからオススメの逆求人サイトを知りたい人は、こちらを参考にしてください(クリックすると登録画面に飛びます...

6【NTTファイナンス 就職難易度】まとめ

NTTファイナンスの就職難易度や学歴について紹介しました。ぜひ就職活動や転職活動の参考にしてみてください。

  • NTTグループの金融中核会社。900社以上あるグループ企業を金融面から支える。
  • 2020年に東京センチュリーと資本提携を結び、新会社「NTT・TCリース」を設立。
  • 就職難易度は4.4/5.0(※就活会議調べ)
  • リース業界の中では就職難易度は高い。
  • 採用大学はMARCHが多い。そのほかは、旧帝大、日東駒専など様々。
  • 直近の採用人数は56人。
三井住友ファイナンスリースの就職難易度
三井住友ファイナンス&リースの就職難易度や学歴は?採用大学や採用人数も公開1三井住友ファイナンス&リースとは 三井住友ファイナンス&リースとは、三井住友フィナンシャルグループと住友商事が共同出資する大手リース...
芙蓉総合リースの就職難易度
芙蓉総合リースの就職難易度や学歴は?採用大学や採用人数も公開1芙蓉総合リースとは 芙蓉総合リースは、みずほ系の大手リース会社です。1969年に、富士銀行(現:みずほ銀行)や丸紅飯田(現:丸紅)な...
登録するだけでオファーが届くOfferBox

オファーボックス就活生なら絶対に登録しておきたいのがOfferBoxという逆求人サイトです。逆求人とは、企業側が学生にアプローチを仕掛けるという新たな採用形態で、現在9000以上の企業がOfferBoxを通じた採用活動を行っています。

オファーが届くと、選考スキップや特別セミナー、インターンシップへの招待など数多くのメリットが得られるため、ぜひ活用しましょう。

【OfferBoxの主な参加企業】
東京海上日動、JCB、三井住友信託銀行、東京ガス、ヤマハ、ニトリ、クラレ、三菱マテリアル、富士フイルム、ライオン、ロッテ、キリン、森永乳業、豊田自動織機、日産自動車、クボタ、オムロン、楽天、サイバーエージェント、積水化学工業、資生堂、朝日新聞、ロート製薬、マイクロソフト、双日など